Return to site

光文社文庫 『おとろし屏風』カバー

光文社文庫12月新刊、霜島けい先生の『九十九字ふしぎ屋商い中』シリーズの最新刊、『鬼灯ほろほろ』が発売になりました。

季節は真逆ではありますが、浅草のほおずき市を描きました。

今回の3編も、それぞれ切なくも優しく温かい余韻が残る素敵なお話です。

年末の読書におすすめです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly