サイトへ戻る

『本日も晴天なり』第9回

集英社 青春と読書連載、梶よう子先生の『本日も晴天なり』第9回の扉を描きました。

なぜ忍者かというと、主人公礫丈一郎の一族をはじめ、大久保の鉄砲百人隊は、

徳川家に仕えた忍者の末裔だからなのです。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。