Return to site

オール讀物 唯川恵『梅ふくへおいでませ』

文藝春秋、オール讀物新年号に掲載の、唯川恵先生の『梅ふくへおいでませ』の扉を担当しました。

昭和初期の金沢を舞台に、芸妓、朱鷺の成長を描きます。

幼少の頃から花街で生きてきた少女の胸の内がしっとりと描かれていて、とても引きつけられました。

唯川先生にとっては初めての時代ものだそうです。ぜひご覧ください。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly