Return to site

双葉文庫『おいらん若君徳川竜之進5 昇龍』カバー

双葉文庫の10月新刊、鳴神響一先生の『おいらん若君 徳川竜之進5 昇龍』のカバーを描きました。

この5巻で物語はついに大団円を迎えます。

前回までの4巻は、刀を構えて見得を切る龍之進を描くのがお約束だったのですが、

最終回の今回は船の形の山車に乗って花魁道中、みたいなイメージです。

月に帰るかぐや姫…のようなイメージでもあります。

毎回大変楽しく描かせていただいたシリーズでしたので、今回でお別れするのは大変寂しいです。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly