Return to site

光文社文庫 『おとろし屏風』カバー

光文社文庫の7月新刊、霜島けい先生の『九十九字ふしぎ屋商い中』シリーズ最新作第5刊『おとろし屏風』のカバーを描きました。

前作の『あやかし行灯』から引き続き、九十九字屋の主人、冬吾の過去にまつわる恐ろしい秘密が…と、今までよりシリアスなところもありますが、思わずほろりとさせられる優しさも健在です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly