Return to site

『酢屋三代 天涯の海』第19回

潮出版Pumpkin連載、車浮世先生の『酢屋三代 天涯の海』第19回の扉、挿絵を描きました。

粕酢の普及によって、進化していくお寿司の文化が描かれます。

当時の握り寿司は今よりかなり大きめだったそうです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly