サイトへ戻る

立東舎『ニッポンの音楽批評 150年・100冊』

立東舎、栗原裕一郎先生、大谷能生先生著『ニッポンの音楽批評150年・100冊』のカバーを描きました。

日本人がはじめて触れた「洋楽」は、黒船に乗ってやってきた…というところから始まる、幕末から現代に至るまで、日本人が洋楽をどのように聞き、評してきたのかという内容の本です。

イラストは蓄音器でレコードを聴いている花魁。

黒船柄のうちかけはスカジャンを意識しています。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。