Return to site

『本日も晴天なり』第10回

集英社『青春と読書』連載、梶よう子先生の『本日も晴天なり』第10回の扉を描きました。

前回の続きで、礫家と、丈一郎の母広江の実家の確執の真相が明らかになります。

イラストは幼少時の丈一郎と父親の徳右衛門です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly