サイトへ戻る

『本日も晴天なり』第10回

集英社『青春と読書』連載、梶よう子先生の『本日も晴天なり』第10回の扉を描きました。

前回の続きで、礫家と、丈一郎の母広江の実家の確執の真相が明らかになります。

イラストは幼少時の丈一郎と父親の徳右衛門です。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。