Return to site

双葉文庫『おいらん若君』

双葉文庫より本日、4月12日に発売の新刊、

鳴神響一先生の『おいらん若君徳川竜之進−天命』のカバーを描きました。

『吉原一の傾城は尾張徳川の御落胤!』

という帯のコピーの通り、命を狙われ、身を隠すためにあえて女性ー花魁として過ごす

尾張徳川の御落胤、徳川竜之進の活躍を描く新シリーズです。

今回シリーズ第一弾ということで、店頭ポスターなども作られるため、

普段より大きめに原画を制作したのですが、

ほぼトリミングなしで全身を入れていただいたので、

私の今まで描いたものの中では、かなりの密度の濃いものになりました。

帯も金色、と、かなり豪華な仕様になってます。

花魁でありながら剣の達人という、

特殊なキャラクターにふさわしい剣の使い方を模索するために、

剣術家の金山孝之先生にご相談して、ふさわしい構えやポーズを提案していただきました。

先生には日頃より、画業の足しにできればと殺陣と剣術を教えていただいており、

今までも、アドバイスを沢山いただいているのですが、

今回はキャラクター作りにも関わる内容でしたので、

先生のお名前もクレジットされてます。

 

金山先生の教室 GoldCastle殺陣&剣術スクールのサイト

 https://www.tate-ken.com/

 

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly