Return to site

『酢屋三代 天涯の海』第12回

潮出版Pumpkin連載、車浮代先生の『酢屋三代 天涯の海』第12回の扉、中面挿絵を描きました。

酒粕から作った『粕酢』を手に、江戸に乗り込む中野又左衛門。

江戸時代の食の変遷も垣間見ることができて興味深いです。

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly